ヨガとホットヨガの違い

初めまして、ホットヨガスタジオでインストラクターをしている美里と申します。このブログでは、ホットヨガの魅力とインストラクターの日常を書いていこうと思っています。

早速ですが、ヨガとホットヨガは何が違うかってご存知でしょうか?ホットかホットじゃないかの違いと言われてしまえばそれまでなんですが……。

ヨガは基本的に常温で行いますが、ホットヨガは一般的に室温39℃前後かつ55~65%程度の湿度の環境で行います。これによって汗を大量にかくので、血流が良くなったり、デトックス効果を得たりすることができます。

ここまで言うとサウナでヨガをしているイメージを持たれる方が多いのですが、サウナのように長時間いると息苦しくなるということはほぼありません。水分補給も頻繁に行い、一回のレッスンで1~2リットルくらいのお水は飲むことになるので、水分不足にならないように気を配っている限り、体調を崩してしまうこともあまりないです。

もちろん万一気分が悪くなった場合は、私たちインストラクターに伝えていただければしっかり対応をさせていただくので、怖がらずに来てみてもらえると嬉しいです。「サウナは苦手だけど、ホットヨガは大丈夫」という人も結構いるんですよ。

常温で行うヨガは自分の内側に目を向けるマインドフルネス的な効果が期待できる一方、ホットヨガでは老廃物を流すデトックス効果、代謝アップ効果、血行促進効果といったものが期待できるのです。そうした理由から、私が見てきた限りでもダイエットや冷え性で悩んでいる人が来るケースは結構多いです。

たくさん汗を流して身体も気分もスッキリできるので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。